給与計算をアウトソーシング|小さなミスも見逃さない凄腕の持ち主

ウーマン

ストレスチェックについて

PC

日本に数多く展開する企業において、2015年度後期に義務化された制度があります。その制度というのはストレスチェックと呼ばれるもので、従業員が50名以上勤める全ての企業に義務付けられました。この制度は、マイナンバー制度と同時期に発表された制度のため、多くの企業の中にはその内容を詳しく把握していない企業が少なからずある現状です。この制度は、義務ですのでその内容についてしっかりと把握しなくてはなりません。ここでは、ストレスチェックとは何か、実施する際の注意点等を知っていきましょう。
ストレスチェックというのは、企業側の担当者が従業員に対して実施するチェック項目式のアンケートです。従業員により回答されたアンケートは、企業に属する産業医に届けられ診断されます。診断結果は封筒に入れられ産業医から企業側の担当者に送られ、企業側担当者から従業員へ渡されます。従業員はその診断結果において、面談の必要有と提示された場合、企業側の担当者に任意で相談し産業医との面談を行うことが可能です。ストレスチェックを実施する際の注意点というのは、幾つかあります。まず、この制度を義務付けられているのは企業であって、企業に勤める従業員ではありません。つまりは、企業側はストレスチェックを受けることを従業員に推奨することは可能ですが、回答を強制させることはできないのです。また、産業医から届いた診断結果に関して、その情報を把握して良いのは回答した従業員のみになります。そのため、企業側が勝手に封筒を開け、従業員の診断結果を把握してはいけません。